山陽小野田社会福祉協議会

児童館の概要

児童館とは

地域において児童に健全な遊びを与えて、その健康を増進し、又は情操を豊かにすることを目的とする施設 (児童福祉法第40 条に規定する児童厚生施設の 1 つ)

児童館の活動

子ども自身遊びの発見と創造のための自由な活動ができる空間と、仲間づくりをする場として、いろいろな行事や各種教室、クラブ活動などを行います。

この他にも子育て家庭への支援や、地域の子育て環境づくりも行っています。
また、中高生の居場所づくりや、地域における子どもの安全確保などの活動にも取り組んでいます。

設置主体 山陽小野田市
運営主体 山陽小野田市社会福祉協議会

ふくし体験学習

子育て支援事業

児童館の活動

子育て親子への支援として各児童館に、乳幼児クラブを開催しています。
詳しくは、児童館へお問い合わせください。

児童館健全育成事業(放課後児童クラブ)

児童館では、保護者の子育てと仕事の両立支援、放課後における児童の健全育成のために放課後児童健全育成事業(児童クラブ)を実施しています。

児童クラブ(登録制)

・対象
保護者が働いているなど放課後家庭にいない小学生1年3年の児童(ただし、本山、有帆、出合、厚陽、埴生小学校及び赤崎小学校松原分校に通う児童は1年生から6年生まで)
※詳しくは、山陽小野田市ホームページへ
山陽小野田市ホームページ(外部リンクが開きます)

地域交流事業

地域の団体などと連携しながら、大人と子どもが一緒に楽しみながら交流できる イベントを開催しています。

児童館だより