山陽小野田社会福祉協議会

地域福祉権利擁護事業
(日常生活自立支援事業)

日常生活上の判断が十分にできず、日常生活に不安がある方々が、地域で安心して生活できるように支援する福祉サービスです。

どんなことをしてくれるの?

  • 1.日常生活が安心して暮らせるように、ご相談をお受けします。
    (福祉サービスの利用援助)
  • 2.毎日の暮らしに欠かせないお金の管理をお手伝いします。
    (日常的金銭管理サービス)
  • 3.大切な書類や印鑑などを安全な場所でお預かりします。
    (書類等預かりサービス)
  • ※上記の3つのサービスについて、相談・助言・関係機関などとの連結調査、手続きの代行などにより、できるだけ利用者自らが、福祉サービスの利用手続きなどを行えるよう ご本人とご相談をしながら援助します。

★現在の福祉サービスは、自分でサービスを選び契約をし、利用することが基本です。

サービス利用までの流れ

1.相談
相談は無料です。

2.訪問
社会福祉協議会の職員があなたのお宅を訪問し、お困りのことなどをお聞きします。

3.契約
お困りのことを一緒に考え、あなたの考えにそって、支援計画を作ります。その計画でよかったら、社会福祉協議会と契約を結びます。

4.援助の開始
支援計画に基づいて生活支援員や推進員がお手伝いします。

利用料金
相談や支援計画をつくるまでの費用は無料です。
生活支援員が支援計画に基づいて行う援助には利用料が必要です。
1回(1時間程度)=1,870円
※生活保護を受けている方は無料です。

地域福祉権利擁護事業でできること、できないこととは?

地域福祉権利擁護事業でできること
●各種福祉サービスの情報提供、手続きの代行
●日常的金銭管理
●通帳等重要書類の預かり
●消費生活センター等専門機関への橋渡し

地域福祉権利擁護事業でできないこと
●商品購入契約や施設の入所契約及び解約
●財産の処分など重要な法律行為など
●事業の意向が確認できない方(判断能力がない方)への支援

成年後見制度の利用が必要
市地域包括支援センターへご相談ください。
0836-82-1149(山陽小野田市役所高齢福祉課内)

お申込み・お問合せは

山陽小野田市社会福祉協議会

地域生活支援センター
0836-38-8348
受付時間:8:30~17:15(土日祝日は除く)